オススメスピーカー JBL LSR305

f:id:shin1234n:20180224170346j:image
スタジオモニタースピーカー、JBL LSR305の紹介です。
アンフィニカスタムワークス藤岡さんのオススメで購入しました。
主にアコギ練習用として使用しています。
ペアで三万円程度と手に入れやすい価格で、そのコストパフォーマンスの高さから藤岡さんが一押ししているスピーカーです。
実際にアンフィニのモニタールームで高級スピーカーを含めいくつか試聴しましたが、この製品は価格からは考えられない素晴らしいクオリティです。
藤岡さんも「数十万円のスピーカーと比較しても決して劣っているわけではない」とおっしゃっていました。
モニタースピーカーなので極端な味付けはありませんが、比較的元気のあるパワフルなサウンドですね。
5インチウーファーですが、サイズの割に低音もしっかりと出ます。
この価格帯ではコスパ最強ですね!

JBL ( ジェービーエル ) >LSR305 | サウンドハウス

f:id:shin1234n:20180224170402j:image
特筆すべきはこの特殊なツイーター部分です。
これはイメージコントロールウェーブガイドと呼ばれ、スイートスポットを大きく広げる効果があります。
他メーカーの物はスイートスポットが狭く作業位置が固定されてしまう物も多いですが、LSR305は首を振ったり多少場所を移動してもバランスが崩れることがありません。
特に楽器の練習では下や横を向いたりする事が多いのでとても助かりますね。

f:id:shin1234n:20180224170417j:image
こちらが背面。
バスレフポートは後ろについています。

f:id:shin1234n:20180224170433j:image
インプットはフォン、キャノン両方に対応。
高音域(4.4kHz)と低音域(115Hz)、スイッチでそれぞれ±2dB変更できます。

f:id:shin1234n:20180224170445j:image
インプット感度も+4dBと-10dBの切り替えができます。
ボリュームは0.5刻みで10まで、20段階での調節が可能です。
基本的な機能は全てついていますね。

 

  • まとめ

コストパフォーマンス最強のスタジオモニタースピーカー!

この価格帯で現状入手できるスピーカーの中では間違いなくトップレベルの性能です。

特にスイートスポットが広いのは、ストレスフリーで演奏にも集中できるのでとても快適です。

サイズも大き過ぎず小さ過ぎずで自宅用としては文句ナシ!

また上位機種にLSR308というウーファー8インチのものがあります。

低音の再生能力は上がりますが、個人的には少し大き過ぎました。

しかし予算と設置スペース、大音量を出しても低音が回らない部屋があるならこちらも視野に入れて良いでしょう。

 

JBL ( ジェービーエル ) >LSR305 | サウンドハウス

 

 

Twitterでは楽譜付きの演奏動画やフレーズ紹介、音楽理論の解説などしています!
フォローはこちらから→和水 真 (@123_4n) | Twitter

 

 

 

 

AER Dual Mix2 レビュー 1年半使用して分かったこと

  • AER Dual Mix2

f:id:shin1234n:20180221122049j:image

 

 Tommy Emmanuelの使用で一気に火がついたドイツ製プリアンプ。

自分もDual Mix2で沢山ライブをして来ました。

この機材のこともそれなりに分かってきたので、実際の使用感などをレビューしていきます。

 

  • サウンド

音はウェットで少しエレキギターを感じさせるサウンドです。

Tommy Emmanuelの音といえば、大体の想像はつく方も多いと思います。

実はこれ、エレキギター用のアンプがベースになっているようで、音がエレキっぽくなるのは設計上の仕様だそうです。

 

アコギのプリアンプで音がエレキっぽいというと、あまり良い印象を持たない方も多いと思います。

しかしDual Mixはこの音作りがうまく出来ていて、パンチがあり、かつ耳馴染みの良いサウンドに仕上がっています。

アコギの生音を再現しているかと言われれば違いますが、良い音かどうかという基準で見れば間違いなく良い音と言えます。

 

Tommy Emmanuelのイメージが強いので、インスト用のプリアンプとして捉えている方も多いと思います。

しかし実は弾き語りとも相性が良く、歌ノリが非常に良いです。

実際PAの現場で貸し出すことも多いのですが、アーティストの方からも歌いやすいと好評です。

 

サウンドに関してのデメリットですが、プリアンプ自体の支配力が強いことですね。

つまりどんなギターを繋いでもDual Mixの音になりやすいです。

ギターの生音をできるだけ再現したい方や、音に個性を持っている方、音を作りこんでいきたい方にはオススメしにくい商品でもあります。

 

  • スペック

f:id:shin1234n:20180221124920j:image

インプット

2チャンネル、どちらもフォンとキャノンに対応しています。

これ一台で弾き語りやインストデュオなども対応できますね。

 

f:id:shin1234n:20180221125239j:image

アウトプット

バランス、アンバランスアウトができます。

DIアウトは1,2チャンネルがミックスされた音

LINEアウトはそれぞれを個別に出せます。個別に出力した場合はエフェクトはかけられません。

因みにラインアウトを片方だけ使った場合は1,2チャンネルがミックスされた音が出ます。

 フットスイッチを繋げばミュートをすることもできます。

 

f:id:shin1234n:20180221125727j:image

ゲインコントロール

1,2チャンネル個別に調整可能です。

クリップした場合は右上の赤いインジケータが光ります。

これのおかげでゲイン調整が楽に行えます。

右下にあるAttn.ボタンはPADですね。

これでライン出力のような大きい信号も接続することができます。 

 

f:id:shin1234n:20180221130304j:image

EQコントロール

ハイとローの2バンドEQですね。

このくらいサッパリしているとステージ上での迷いが少なくて済みます。

 音が抜けなかったらハイを、迫力が足りなかったらローを上げる。非常にシンプルで使いやすいです。

このEQも上手く出来ていて、上げすぎても嫌味になりにくいです。

特にボーカルで使用した時にハイを上げるとシルクのように滑らかに音が抜けてきます。

 

f:id:shin1234n:20180221130830j:image

エフェクト

 リバーブ二種類、ディレイ、コーラスが使えます。

主にリバーブを使用していましたが、これがとても気持ちがいい。

外付けで色々なリバーブを試してきましたが、内蔵エフェクトの完成度がとても高いので結局Dual Mixのリバーブを使っています。

またパン振りも出来ます。

例えば弾き語りで声とギターのリバーブ量、デュアルシステムでそれぞれのPUのリバーブ量を個別に調整することができます。

 

デメリットは細かい調整が出来ないことですね。

特にディレイはディレイタイムが固定なので使い勝手が悪いです。

 

f:id:shin1234n:20180221132248j:image

ハイパスフィルター

個人的にはかなりの頻度で使う機能。

ここでローカットをする事が出来ます。

低音が回ってしまう時やアンサンブルで低音楽器がいる時に重宝しますね。

また周波数も調整できるので様々な状況に対応できます。

特に色々な場所で演奏する方やアンサンブルでやる方には欠かせないのではないでしょうか。

 

f:id:shin1234n:20180221133157j:image

ファンタム電源

1,2チャンネル個別にファンタム電源を送ることができます。

 これでコンデンサーマイクも使うことができます。

 

f:id:shin1234n:20180221134504j:image

電源アダプター

手前が純正のアダプター、奥が秋月電子のACアダプターです。 

純正のものも悪くはないですが、秋月電子の物は音にさらにパンチが出て低音の再現率も上がります。

それと純正のものは断線しやすいです。

少しかさばりますが、音質と耐久性を気にされる方は秋月電子の方をオススメします。

↓購入はこちらから↓

65W級スイッチングACアダプター24V2.7A ATS065−P240: 電源一般 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

 

f:id:shin1234n:20180221143958j:image 

  • まとめ

超現場至上主義のプリアンプ!

音を作りこみたい方にはオススメできませんが、手っ取り早く良い音を出したい時にはかなり使えます。

リハーサルの時間が取れないライブでも対応できるのでかなり重宝しています。

今ではR-ZEROという高級プリアンプをメインで使っていますが、Dual Mixの便利さは未だに手放せません。

またメイトンのプリアンプAP5Proとの相性は抜群で、Tommy Emmanuelの音がそのままスピーカーから出てきます。

 

弾き語りからインストまで対応できる素晴らしい製品ですね。

幅広い音楽に対応できるプリアンプなので、特有のエレキっぽさが気にならない人には是非オススメしたいプリアンプです。

 

 

Twitterでは楽譜付きの演奏動画やフレーズ紹介、音楽理論の解説などしています!
フォローはこちらから→和水 真 (@123_4n) | Twitter 

 

 

スゴイ爪ヤスリ! ゴクツヤシャイン レビュー

 

  • 新定番?GOKUTSUYAshine

f:id:shin1234n:20180222095604j:image

 爪を整えると音が良くなるばかりでなく、弾きやすさも大分変わって来ますね。

爪にこだわりがあるソロギタリストも多いと思います。

今回紹介するのはラッキーウィンク社のGOKUTSUYAshine

最近のギター小物で一番衝撃を受けたかもしれません。

従来の爪ヤスリとは一風変わった技術を使っている面白い商品ですが、いったいどんなものなのでしょう?

 

 f:id:shin1234n:20180222100147j:image

この爪ヤスリは半導体の技術を応用しているらしく、表面が細かい凹凸に覆われています。

実際の見た目はこんな感じ↓

f:id:shin1234n:20180222101143j:image

 f:id:shin1234n:20180222101147j:image

肉眼でも難なく確認できる荒さです。

最初の感想は「この目の荒さだとガラスヤスリで代用できるような…」という感じで、あまりいい印象ではありませんでした。

しかし実際に使ってみて評価は一変。

 

まず削れる速度が早い!仕上がりもかなり滑らかです。

普段使いならこれ一本でまったく問題ないですね。

かなりオススメです!

 

といっても伝わりにくいので、今まで使っていた爪ヤスリセットと比較をしてみたいと思います。

 

  • 今までの爪研ぎ

f:id:shin1234n:20180222102139j:image

これがゴクツヤシャインを手に入れるまで使っていた爪ヤスリセットです。

様々な爪ヤスリを使い分けて滑らかさを出していました。

爪切りは主に左手、そして三本の爪ヤスリで右手の処理を行なっていました。

 

f:id:shin1234n:20180222102424j:image

まずこのガラスヤスリで大体の形を整えます。

粗めのヤスリを使っていました。

自分はジェルネイルを使っているのですが、ガラスヤスリとは相性が悪いらしく、何本もダメにして来ました。

しかし削れる速度は悪くないで、土台を作るには十分!

f:id:shin1234n:20180222102950j:image

次にEZ FlowのSand Shark Ⅱ裏面で形を作っていきます。

実際にネイルショップでも使われているプロ仕様のものですね。

このブランドの爪ヤスリはスポンジ製で、爪の形にフィットしながら削れるので非常に使い勝手がいいです。

 力を入れすぎても余計な負担が爪にかからないのもいいですね。

ジェルネイルやグラスネイル等の人工爪を使っている人には特にオススメ!

f:id:shin1234n:20180222103239j:image

そしてSand Shark Ⅱのオモテ面です。

裏面よりも更に滑らかです。

この段階で爪の細かい形を整えます。

f:id:shin1234n:20180222103711j:image

つぎに同社商品のKiller Whale。

4,5番の順で磨いていきます。

ここは爪のザラつきを取っていく段階。

ここまで来るともう仕上りに近いですが、最終段階まであと一歩!

f:id:shin1234n:20180222103632j:image

Killer Whaleオモテ面です。

ヤスリとは思えないほど滑らかですね。

非常にサラサラとした触り心地で本当に意味があるのか疑ってしまうレベル。

しかしやるとやらないでは大違い。

爪がつるつるピカピカになります。

 

ここまで6行程!なかなか手間ですね笑

しかしいい音を出すにはある程度仕方のないことでもありました。

 

しかし今回紹介したゴクツヤシャイン、1~4までの行程をこれ一つで賄えます。

削れる速度の関してはガラスヤスリよりも早いです。

扱いやすさという面ではスポンジ製のEZ Flow社に一歩劣りますが、それを差し引いてもかなり便利ですね。

難点をあげるとすれば、仕上がり後の爪にポリゴン状の角が出来やすいことです。

これは硬い爪ヤスリでは少なからず起こるので、仕上げはスポンジバッファーのKiller Whaleで軽く磨いてあげるといいでしょう。

 

  • まとめ

技術の進歩を感じさせられる商品でした。

今ではゴクツヤシャインとKiller Whaleだけで全て賄えるので、荷物も減らせていいですね。

ジェルネイルとの相性も良く、性能が落ちることもないです。

さらに水洗いもできるので、清潔に保つことができます。

見た目もトップコートを塗った時のようにツヤツヤになるので、ギターを弾かない女性にもオススメです。

 

 

 Twitterでは楽譜付きの演奏動画やフレーズ紹介、音楽理論の解説などしています!
フォローはこちらから→和水 真 (@123_4n) | Twitter 

 

 

電源アダプターの話 CAJ PB12DC9-2.1

  • スイッチング電源

f:id:shin1234n:20180220055902j:image

突然ですが、エフェクターに使う電源アダプターを気にしたことはありますか?

多くの場合、写真のような小さいアダプターが使われますね。

これはスイッチング電源と呼ばれていて、現在最もポピュラーなアダプターです。

なぜこのタイプのものが普及しているのかですが、理由はシンプルで、小型・軽量・安価だからです。

 

しかし当然デメリットも存在します。

それはノイズです。

ノイズと言っても色々な種類のノイズがありますが、このタイプのアダプターはスイッチングノイズ(スパイクノイズ)という特有のものを発生させます。

これは特に高音域に影響があり、しっかり対策しないとジャリジャリとヒステリックな音になってしまいます。

酷いものだとエフェクターに繋いだ時に「ブー」とノイズが出る場合もありますね。

 

これは構造上どうしても発生してしまい、0にすることは難しいです。

しっかりしたフィルターを入れればほぼ影響がないレベルまで低減させることも可能ですが、その分サイズが大きくなるので難しい所ですね。

 

ということで、今回は小型でノイズの少ないバランスのとれたアダプターを紹介します!

 

  • CAJ PB12DC9-2.1

f:id:shin1234n:20180220052001j:image

 

CUSTOM AUDIO JAPAN ( カスタムオーディオジャパン ) >PB12DC9-2.1 | サウンドハウス

カスタムオーディオジャパンの電源アダプターです。

・センターマイナス端子(2.1mm)

・DC9V出力

・消費電流は1.3A まで

・インプット電圧 100V~240V

アナログ、デジタルに関わらず殆どのエフェクターに対応できます。

電源も100~240Vまで対応しているため、世界中どこでも使用することができますね。

 

電流容量は1.3A!大容量消費するデジタルエフェクターでも500mA程度なので余裕があります。

因みにアダプターの電流容量は、エフェクターの消費電流の2~3倍(200mAなら400~600mA)あると良いです。

これは急に大きな入力(ストローク等)が入った時、エフェクターの消費電流が瞬間的に2~3倍になることがあるからです。

容量が低いアダプターを使うと大きな入力時に耐えきれず、天井の低い力のない音になってしまいます。

 

f:id:shin1234n:20180220062446j:image

そしてスイッチングノイズですが、このサイズの中ではトップレベルで少ないですね。

気になるような高周波のザラつきもなく、非常にクリーンに出力されます。

特にクリーンな音が重要視されるエフェクターにはノイズが極力少ない物を選びたいところです。

また耐久性も申し分ないですね。

 

あえてデメリットをあげるとしたら、コードが少し短いことです。

電源タップがあれば問題ないですが、壁コンセントから直接とる場合だと少し足りないですね。

 

小型でクリーンな音質のアダプターを探している方にはオススメの一品です。

 

CUSTOM AUDIO JAPAN ( カスタムオーディオジャパン ) >PB12DC9-2.1 | サウンドハウス

 f:id:shin1234n:20180220063157j:image

余談ですが、スイッチングノイズは少なければ良いというわけではありません。

というのも、高周波にスイッチングノイズが乗ると聴覚上音が良くなったと錯覚することがあります。

特有のジャリジャリとした高音域が、元気でハリのある音にも聴こえるのですね。

この様な特性をうまく使って音作りをしたい方には、あえてノイズの多いもの(BOSS PSA-100等)を使ってみると面白いかもしれません。

 

 

Twitterでは楽譜付きの演奏動画やフレーズ紹介、音楽理論の解説などしています!
フォローはこちらから→和水 真 (@123_4n) | Twitter

 

Sunrise S2 マグネチックピックアップ

 

アコースティックギター用マグネチックピックアップ、Sunrise S2

ソロギター界隈では定番でもありますが、一体どのようなピックアップなのでしょうか?

 

f:id:shin1234n:20180219054042j:image

 

アコギのデュアルPUシステムが主流になってから日の目を浴びたピックアップですね。

特にコンタクトPU + サンライズは定番の組み合わせですが、これにはちゃんと理由があります。

基本的にコンタクトは高音域の再生に優れていますが、低音域には強くないです。(ものにもよりますが)

一方サンライズは低音は迫力がありますが、高音域の伸びがイマイチ。

高音域に弱いというのもコンタクトとの組み合わせでは実はメリットで、サンライズはEQ等で処理しなくてもコンタクトの綺麗な高音域を邪魔することがありません。

高音域はコンタクト、低音はサンライズと役割を持たせることで、お互いの弱点をうまくカバーしているのですね。

 

そして数あるマグネチックPUの中でもサンライズが選ばれる理由としては、やはりその低音域の迫力にあります。

サンライズはボディの振動を拾い低音を増強させる構造になっていて、その迫力は他のメーカーには出せない圧倒的なものがあります。

デュアルシステムではある種サブウーファーとしての役割にもなります。

 

f:id:shin1234n:20180219063830j:image

ポールピースが調整できるので、ギターに合わせて各弦の出力を微調整出来るのも良いですね。

またハーモニクスやタッピングを非常に綺麗に拾うため、この辺もインストギタリストに選ばれている一つの理由ではないでしょうか。

 

そしてサンライズに限った事では無いですが、マグネチックPUはハウリングに強いです。

アコギはハウリやすいのでこれは大きな利点ですね。

またコンデンサーマイク等と違いノイズやモニターの音の影響を受けにくいので、環境に左右されず一定の音質を保つことが出来ます。

どんな会場でも安定して使えるというのは、大きな安心材料でもあり保険にもなりますね。

 

f:id:shin1234n:20180219054112j:image

 

  • デメリット

まず周波数帯域が低音寄りでバランスが悪く、単体では扱いにくいです。

単体での使用ならもっと安くてバランスの良いマグネチックPUは沢山あります。

サンライズはデュアルシステムじゃないと使い所が難しいですね。

 

それとマグネチックPUの宿命でもあるエレキ臭さがどうしてもあります。

そのためコンタクトで基本の音を作り、サンライズを補助的に少しブレンドして、なるべくエレキ感を出さないのが今の音作りの主流かと思います。

 

またサンライズは重量があるためトップの振動を抑えてしまいます。

これは生音を最大限に活かしたい方にはイタいですね。

それとコンタクトやコンデンサーマイクに比べて、ニュアンスや表現力に少し劣ります。

 

こういった理由からサンライズ無しでのシステムを模索している人も多いです。

会場によってコンタクトのみでいけそうな時は、サンライズを外すアーティストもいますね。

しかしその安定性や音の太さから結局手放せないのが現状でもあります。

 

それと標準のクランプだとしっかり固定されないことが多く、演奏中や運搬中にズレたり落ちたりすることがあります。

プラスチック製で耐久性も低いので、すぐに壊れてしまう事も多いそうです。

そして交換費用も高い…笑

アンフィニカスタムワークスさんやエムファクトリーさんでアルミ製の専用パーツ(HD WingKit)が売っているので、そちらに交換するのが吉ですね。

 

f:id:shin1234n:20180219075920j:image

 

  •  まとめ

基本的にデュアルシステム、特にコンタクトPUの補助として真価を発揮するピックアップですね

音の迫力が欲しい方、ハーモニクスやタッピングを多用する方には必須だと思います。

また何処に行っても安定した音を出せるという保険要素は本当に大きいです。

 メリット、デメリットがハッキリしていますがサンライズにしか出来ない事があるので、必要な人には手放せない存在になります。

役割をしっかり理解して、購入する際の参考になれば幸いです。 

 

 

Twitterでは楽譜付きの演奏動画やフレーズ紹介、音楽理論の解説などしています!
フォローはこちらから→和水 真 (@123_4n) | Twitter

 

 

 

 

 

Strymon Bigsky Reverb レビュー

f:id:shin1234n:20180217001525j:image

 

言わずと知れた名器、Strymon Bigskyです。

 弾き語りやインスト、アンビエント系まで幅広く使えるリバーブですね。

動画はBlueSkyですがアコースティックギターでの音はこんな感じ↓

 

 

さっそくレビューして行きます!

 

 

 

f:id:shin1234n:20180217004048j:image

  • サウンド

12種類のリバーブモードを搭載していて、それぞれかなり細かいところまで調整できるので作れる音は無限大!

ただ一貫しているのは、どのモードでも高音域がサラッとスムーズに出ることですね。

ガツンとした音ではなく、少し線が細くなり繊細になります。

これがStrymonのリバーブの大きな特徴ですね!

 

もう一つの特徴は、リバーブ音がドライ音としっかり分離することです。

音馴染みするというよりは、リバーブの個性がしっかりと生きるタイプですね。

ナチュラル思考の方には他にも選択肢はあると思いますが、音楽的な響きを積極的に付加したい方には最高のリバーブです!

 

よくクリアな音と言われますが個人的に思うのは

「ウェット音が原音と綺麗に分離するため、リバーブの音がハッキリ聞こえる」

「ハイ上がりな特性なので音が抜ける」

この辺りがクリアという表現になっているのだと思います。

 

そしてこの音の分離感という点ではBigSkyの右に出るものはいませんね。

特にシマー等はいくつもの楽器を同時に鳴らしているように聴こえ、なんとも幻想的な響きになります。

 

f:id:shin1234n:20180217004312j:image

・Decay

・Pre-Delay

・Tone(高音域)

・Parameter 1(モードによって違う、アサイン可能)

・Parameter 2(モードによって違う、アサイン可能)

・Modulation

ノブでコントロールできるのは上記の6つですが、これ以外にも様々なパラメータが変更できます。

 f:id:shin1234n:20180217061835j:image

これだけ色々なパラメータがあると音作りに苦戦しそうですが、LEDスクリーンのおかげで直感的に操作できます。

またプリセットのクオリティが非常に高いため、そのままでも充分使えます。

 実際自分もプリセットの音を少し弄るだけの事が多いですね。

1週間ほど使えば主な機能の感覚はつかめると思うので、慣れれば積極的な音作りも可能になります。

 

f:id:shin1234n:20180217010216j:image 

フットスイッチは3つあり、それぞれに作った音を保存できます。

バンクも0~99あるので、保存できるプリセットの数は300個です!

またそれぞれに名前を付けることが出来るので、どこに何のリバーブを保存したか忘れることもありません。

 

これだけの機能を外部機種なく簡単に操作できるリバーブはほとんどありませんね!

 

 

  • メリット

・音作りの幅がかなり広い

・操作がしやすい

・プリセットの完成度が高い

・保存できる数(メモリー)が圧倒的に多い

・リバーブ音がクリア

・個性がある

MIDIとEXPペダルが使える

 

 

  • デメリット

・大きい

・完璧に使いこなすのは時間がかかる

・Strymonらしさはセッティングでは消せない

 

  • まとめ

空間表現だけにとどまらない積極的な音作りの為のリバーブ!

Strymonらしいクリアでハイ上がりの音が好きならば、買わない理由は無いくらい色々出来ます。

特に飛び道具系の音(シマー等)はかなり上質ですね。

インスト系のプレイヤーで色々な音作りをしてみたい方に是非オススメしたいリバーブです!

 

 

 

 Twitterでは楽譜付きの演奏動画やフレーズ紹介、音楽理論の解説などしています!フォローはこちらから→和水 真 (@123_4n) | Twitter

 

 

 

KLOTZ MC5000 シールド レビュー

f:id:shin1234n:20180213153849j:image

 

 アンフィニカスタムワークスさんで推奨しているドイツ製のリファレンスシールドです。

リファレンスとはクセや味付けがない、フラットな特性のものを指します。

元々はマイクケーブルとして開発されたものですが、ギター用ステレオケーブルとしてオーダーしました。

詳しくレビューしていきたいと思います!

 

音質

まず音が濃い!

音が太くなったようにも感じますが、ある帯域が強調されて太くなっているわけではなく、情報が濃縮されている感じです。

特に重厚なバラードとは相性が良く、弦とボディの振動をありのまま伝えることができます。

特性はフラットですが平坦なつまらない音ではなく、音楽的な奥行きもある優秀なシールドですね。

フラット故に、音作りの幅が広いというのも大きな利点です。

またピッキングのニュアンスやダイナミクスを綺麗に拾うので、抑揚のある演奏や右手のタッチを大事にしている方には是非試してほしいです!

モニターからライブまで幅広く使える懐があります。

 

 

f:id:shin1234n:20180213160214j:image

線材の特徴

ノイズはかなり少ないです。

ダブルスパイラルシールドという特殊な構造により、外部ノイズを遮断しているようです。

一般的に、ノイズの少なさと音楽的な奥行きは反比例する傾向にあるのですが、ダブルスパイラルシールド構造により両者がうまく共存していると思います。

(シールドが網組だとノイズが少ないが平坦な音、スパイラルだとノイズは乗りやすいが音楽的になる傾向にあります。もちろんこれ以外にも様々な要素がありますが)

 

外径は7.0mmで少し太めです。

ですがしなやかさがあり、取り回しが悪いわけではないです。

柔らかいシールドはジャックへの負担も減らせるので、そういった意味でも良いですね。

また硬いシールドはマイクロフォニックノイズへの特性があまり良くないのですが、このしなやかさのおかげでそこもうまくクリアしています。

 

個人的に気になったのは重さですね。

シールド自体に重量があるので、ライブなどで荷物を少しでも軽くしたい人や音響で何本もケーブルを運ぶ人に向いていないかも。

 

 f:id:shin1234n:20180213162947j:image

プラグ

 ノイトリック製NP3Xです。

プラグも音の変化に関与しますが、線材そのものに比べると影響力は極めて小さいです。

なのでジャックに関しては音響特性よりも耐久性やトラブルの少なさを重視するのがアンフィニさんの考え方だそうです。

ノイトリックのプラグは構造上断線が起きにくいので、ライブ中に足を引っ掛けてもトラブルになりにくいです。

 

またメッキが非常に滑らかに処理されていて電食(錆び)が起きにくいです。

ニッネルメッキにした理由はシンプルで使用している機材のジャックがニッケルだからです。

異なる金属同士が長期間触れ合うと、電位差が発生して錆びてしまいます。

基本的には金ジャックには金プラグ、ニッケルジャックにはニッケルプラグにした方が機材に優しいですね。

 

ハンダはアルミット社のものです。

楽器界では定番のKester44に比べて、音抜けが良くシャープな音質です。

また塩素が含まれていないので経年劣化が遅いです。

これは長期使用での音質変化が少ないというメリットがあります。

 

  • まとめ

モニター用、ライブ用どちらにでも素晴らしいシールドです!

リファレンス機材を持っていると基準となるものをしっかりと理解出来ます。

そこから自分の出したい音などもより明確に見えてくるので、一つ持っておいても損はないですね。

アンフィニさんではメールにてオーダーを受け付けているようなので、興味のある方は是非!

 

アンフィニカスタムワークスHP↓

EnfiniCustomWorks(アンフィニカスタムワークス)/アコースティックギターのチューンナップ(調整)とピックアップシステム開発製造販売 

 

 

Twitterでは楽譜付きの演奏動画やフレーズ紹介、音楽理論の解説などしています!
フォローはこちらから→和水 真 (@123_4n) | Twitter